コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田英朗 オクダヒデオ

2件 の用語解説(奥田英朗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おくだ‐ひでお〔‐ひでを〕【奥田英朗】

[1959~ ]小説家。岐阜の生まれ。日常生活に忍び込む非現実の世界を独特な感覚で描き出し、若年層の人気を集める。「空中ブランコ」で直木賞受賞。他に「ウランバーナの森」「邪魔」「サウスバウンド」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田英朗 おくだ-ひでお

1959- 平成時代の小説家。
昭和34年10月23日生まれ。コピーライター,構成作家などをへて,34歳で作家活動にはいる。平成9年「ウランバーナの森」がデビュー作。16年精神科医伊良部一郎が活躍するユーモア連作短編集「空中ブランコ」が4度目の候補で直木賞を受賞。19年「家日和」で柴田錬三郎賞。21年「オリンピックの身代金」で吉川英治文学賞。岐阜県出身。岐山高卒。作品はほかに「邪魔」(大藪春彦賞),「イン・ザ・プール」「マドンナ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奥田英朗の関連キーワード赤江瀑重兼芳子多岐川恭橘外男中沢けい平岩弓枝三田誠広滝口康彦横関大今村夏子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥田英朗の関連情報