コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪魔 ジャマ

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐ま【邪魔】

[名・形動](スル)3が原義》
妨げること。また、妨げとなるものや、そのさま。「邪魔な物をかたづける」「勉強を邪魔する」
(「お邪魔する」の形で)訪問すること。「今晩お邪魔してよろしいでしょうか」
仏語。仏道修行の妨げをする悪魔。
[補説]書名別項。→邪魔

じゃま【邪魔】[書名]

奥田英朗の小説。平成13年(2001)刊。平成14年(2002)、第4回大藪春彦賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃま【邪魔】

( 名 ・形動 ) スル
さまたげること。さまたげになるさま。また、その物。 「 -が入る」 「勉強を-する」 「 -な枝を切る」 「仕事の-になる」 「子供を-にする」
(「おじゃまする」の形で)他家を訪問すること。 「四時にお-します」 〔訪問する際、また、訪問先から帰る際の挨拶あいさつの言葉としても用いる。「少しだけお-します」「大変お-いたしました」〕 → 邪魔
〘仏〙 仏道修行のさまたげをする悪魔。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

邪魔の関連キーワードオープンリーディングフレームスカイウオッチング笠の台の生き別れペダルプッシャー足纏い・足纒い邪魔者・邪魔物ジャミング故障を入れる立ちはだかる生防がし気賢路を塞ぐ阻止・沮止スヌーカー御免なさい水を掛ける腰が折れる御邪魔虫眼中の釘銀河の極通せん坊

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邪魔の関連情報