コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田鳳作 おくだ ほうさく

2件 の用語解説(奥田鳳作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田鳳作 おくだ-ほうさく

1811-1894 江戸後期-明治時代の医師。
文化8年生まれ。磯野弘道に真古方をまなぶ。吉益東洞の腹診を重視する腹診術の奥義をきわめた。明治27年死去。84歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。著作に「腹診考」「腹証問答」「腹候弁」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥田鳳作
おくだほうさく
(1811―1894)

江戸後期の医師。常陸(ひたち)国(茨城県)真壁(まかべ)郡奥田村に生まれる。吉益東洞(よしますとうどう)の高弟岑少翁(みねしょうおう)(1732―1818)の直門、磯野弘道(いそのこうどう)(1772―1847)について真古方を学び、東洞の孫弟子にあたり、とくに東洞の腹診術について蘊奥(うんのう)を窮めた。4代目吉益震助(復軒)は1843年(天保14)に鳳作とその弟多門に対し、古疾医の道の復興を託する書状を送った。著書に『腹診考』『腹候弁』『腹診図考』『長沙腹診考』『腹証問答』がある。[矢数道明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥田鳳作の関連キーワード福島隣春岡本保誠昇斎一景関直吉園美蔭高橋確斎高橋四夕野村貞処前野真門礀西涯

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone