コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹診 ふくしん

3件 の用語解説(腹診の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹診
ふくしん

漢方の診断法の一種。患者の腹部を触診,打診などすることによって,その体質,疾病の有無を知る方法。吉益東洞が重視して以来,特に日本で発達した。西洋医学の腹部触診では肝臓,脾臓などの臓器の異常,腫瘍の有無,腹水や鼓腸の有無などが重視されるが,漢方の腹診では,腹壁の緊張度,諸種腹筋の緊張度,抵抗や圧痛の有無,心下部振水音の有無,腹大動脈の拍動の触知状態などが特に問題にされ,腹診によって腹部の情報のみではなく,患者の全身像も把握するという性格が強い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふくしん【腹診】

漢方で、切診の一。治療方針を定めるために患者の腹に触れて行う診察法。日本で独自に発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹診
ふくしん

漢方医学で脈診とともに重要とされる診察法。中国の古典にも腹診に関する記載がみられるが、中国ではそれほど発達せず、日本において独特の発達を遂げたものである。近代医学でいう腹診は、腹部内臓臓器の形状や腫瘍(しゅよう)などを触診し、また筋性防衛、圧痛点などの確認が主となるが、漢方医学の腹診は、病人の全体的な虚実を判定し、証(しょう)(症候群)を把握するために行われる。腹診をするときは、病人を仰臥(ぎょうが)させ、両足を伸ばし、腹に力を入れないようにさせるが、胃内停水(心下部の振水音)をみるときは、膝(ひざ)を曲げさせて腹筋の緊張を緩めたほうがよい。医者は患者の左側に位置するのを原則とし、診察は右手の手掌または指先で行う。
 腹診における証(腹証)のおもなものは、腹壁の硬軟(緊張度や弾力性。とくに腹直筋の緊張状態)、硬結、圧痛、内部の状態(腸管の蠕動(ぜんどう)不安など)、腹部大動脈の拍動亢進(こうしん)の有無、あるいはその程度などであり、これを基に、さらに虚実が判定される。ことに慢性病の治療では、腹診は脈診よりも重要な意義をもっている。腹診にあたっては、とくに心下痞硬(しんかひこう)、胸脇苦満(きょうきょうくまん)、腹皮拘急(こうきゅう)、小腹不仁(しょうふくふじん)、小腹急結、胃内停水などを注意して診察しなければならない。
 心下痞硬は、心下部がつかえる感じのうち、抵抗を認めるものをいう。処方としては、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、甘草(かんぞう)瀉心湯などが用いられる。なお、心下痞は心下部がつかえるという自覚症状で、他覚的には抵抗や圧痛が認められない。振水音があることが多く、処方としては、四君子(しくんし)湯、人参(にんじん)湯などが用いられる。
 胸脇苦満は、季肋(きろく)部(みぞおちから第10肋骨(ろっこつ)に沿った部分)に充満した感じがあって苦しく、抵抗と圧痛を認めるもので、処方としては、柴胡(さいこ)剤(大柴胡湯、小柴胡湯など)が用いられる。
 腹皮拘急は、腹直筋が突っ張り、2本の棒のように硬くなっているもので、処方としては、小建中湯(しょうけんちゅうとう)、黄耆(おうぎ)建中湯、芍薬(しゃくやく)甘草湯、桂枝加(けいしか)芍薬湯などが用いられる。上腹部で腹直筋が緊張しているものは、四逆散(しぎゃくさん)や抑肝(よくかん)散などを用いる。
 小腹不仁は、臍(へそ)の下に弾力がなく、脱力してくぼんでいるもので、処方としては、八味丸(はちみがん)が用いられる。
 小腹急結は、(おけつ)の腹証で、左側の腸骨窩(か)に圧を加えると急迫性の疼痛(とうつう)を訴える。処方としては、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)を用いる。
 胃内停水は、胃下垂などのある患者にみられるもので、心下部を指でたたくと水の音が聞こえる。処方としては、人参湯、四君子湯などを用いる。[矢数圭堂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の腹診の言及

【四診】より

…問診は患者の愁訴を聞くことであるが,家族歴や既往歴,発病からの経過だけでなく,悪寒とか熱感,口のかわき,めまい,手足の冷えなどを重視するのが特徴である。切診とは医師が患者のからだに触れて診察することであるが,特に重要なものとして,脈診と腹診がある。脈診は最も重要な診断法の一つで種々の方法があるが,通常行われているのは手首の部分の橈骨(とうこつ)動脈の搏動によるものである。…

※「腹診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腹診の関連キーワード触診遺伝子診断漢方医四診聞診遮断法心臓超音波検査超音波診断法トランスアミナーゼ検査CMTテスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone