コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥繁三郎 おく しげさぶろう

2件 の用語解説(奥繁三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥繁三郎 おく-しげさぶろう

1861-1924 明治-大正時代の政治家,実業家。
文久元年6月25日生まれ。大阪法学舎で法律をまなび明治20年弁護士を開業。31年衆議院議員(当選8回,政友会)。衆議院議長を2期つとめた。京都瓦斯(ガス),京津電気軌道などを設立し社長となるなど実業界でも活躍した。大正13年9月8日死去。64歳。山城(京都府)出身。京都師範卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥繁三郎

没年:大正13.9.8(1924)
生年:文久1.6.25(1861.8.1)
明治大正期の政党政治家,実業家。神職奥季次の長男として山城国(京都府)綴喜郡八幡に出生。京都府師範学校卒業後,大阪法学舎に学び弁護士となる。初期議会期には河原林義雄らと共に京都府自由党の中心として活動するも公民会などの中立系に押され気味であったが,府会議員となった明治27(1894)年ごろから次第に台頭し,31年の第5回総選挙から8回衆院議員に当選。立憲政友会に所属し,44年から翌年まで政友会幹事長。大正3(1914)年および6年から9年までの2度衆院議長となる。京都瓦斯,京津電気鉄道株式会社を創立するなど実業界でも活躍した。

(村瀬信一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥繁三郎の関連キーワード関直彦政党政治大正デモクラシー星亨安藤兼吉佐藤啓島田俊雄永江純一前田房之助川人貞史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone