コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥繁三郎 おく しげさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥繁三郎 おく-しげさぶろう

1861-1924 明治-大正時代の政治家,実業家。
文久元年6月25日生まれ。大阪法学舎で法律をまなび明治20年弁護士を開業。31年衆議院議員(当選8回,政友会)。衆議院議長を2期つとめた。京都瓦斯(ガス),京津電気軌道などを設立し社長となるなど実業界でも活躍した。大正13年9月8日死去。64歳。山城(京都府)出身。京都師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

奥繁三郎

没年:大正13.9.8(1924)
生年:文久1.6.25(1861.8.1)
明治大正期の政党政治家,実業家。神職奥季次の長男として山城国(京都府)綴喜郡八幡に出生。京都府師範学校卒業後,大阪法学舎に学び弁護士となる。初期議会期には河原林義雄らと共に京都府自由党の中心として活動するも公民会などの中立系に押され気味であったが,府会議員となった明治27(1894)年ごろから次第に台頭し,31年の第5回総選挙から8回衆院議員に当選。立憲政友会に所属し,44年から翌年まで政友会幹事長。大正3(1914)年および6年から9年までの2度衆院議長となる。京都瓦斯,京津電気鉄道各株式会社を創立するなど実業界でも活躍した。

(村瀬信一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

奥繁三郎の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android