コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥羽永慶軍記 おううえいけいぐんき

1件 の用語解説(奥羽永慶軍記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おううえいけいぐんき【奥羽永慶軍記】

戦記。1698年(元禄11)出羽国雄勝郡横堀の戸部正直の著述。39巻。書名は天文・永禄から慶長・元和までの戦記を意味する。書名のとおり,16世紀半ばから17世紀初めに至る陸奥・出羽両国の群雄の抗争と興亡を詳述している。〈先輩の旧記に考へ,亦は古老見聞の直談に聴き〉編述されたもので史実の誤りもあるが,参考にすべき価値がある。《史籍集覧》《戦国史料叢書》所収。【小林 清治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥羽永慶軍記の関連キーワード薮嗣章羽州探題雄勝石雄勝の柵小野寺義道後藤逸佐藤信景菅運吉関喜内茂木亀六

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone