コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥羽永慶軍記 おううえいけいぐんき

世界大百科事典 第2版の解説

おううえいけいぐんき【奥羽永慶軍記】

戦記。1698年(元禄11)出羽国雄勝郡横堀の戸部正直の著述。39巻。書名は天文・永禄から慶長・元和までの戦記を意味する。書名のとおり,16世紀半ばから17世紀初めに至る陸奥・出羽両国の群雄の抗争と興亡を詳述している。〈先輩の旧記に考へ,亦は古老見聞の直談に聴き〉編述されたもので史実の誤りもあるが,参考にすべき価値がある。《史籍集覧》《戦国史料叢書》所収。【小林 清治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

奥羽永慶軍記の関連キーワード戸部一閑斎奥浄瑠璃鉄砲軍乱波芝見

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android