コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥能登のあえのこと

1件 の用語解説(奥能登のあえのことの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

奥能登のあえのこと

石川県の珠洲市、輪島市など奥能登の地域に伝わる民俗行事。12月、収穫後の農家に田の神を招いてもてなし、翌年2月には田の神を送り出す儀式。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。2009年、ユネスコ無形文化遺産に登録。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥能登のあえのことの関連キーワード曾々木海岸石川県珠洲市飯田町石川県珠洲市折戸町石川県珠洲市清水町石川県珠洲市石川県珠洲市高屋町石川県珠洲市蛸島町石川県珠洲市仁江町石川県珠洲市狼煙町石川県珠洲市真浦町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥能登のあえのことの関連情報