コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥道後温泉 おくどうごおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥道後温泉
おくどうごおんせん

愛媛県中部,松山市市街地東部石手川の渓谷沿いに位置する温泉泉質はアルカリ単純泉。泉温は 40℃で,湯量は多い。神経痛,胃腸病などにきくといわれる。一企業が開発した温泉で,大浴場,遊戯施設,動植物園,宿泊施設などをもつ総合レジャーセンター。松山市民の利用も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥道後温泉
おくどうごおんせん

愛媛県中北部、松山市にある温泉。石手川上流にあり、藩政時代には湯山七湯といわれた。湧出(ゆうしゅつ)量が多く毎分2000リットル。泉質はラドン、フッ素を含むアルカリ性の単純温泉。近年、観光開発が進み、各種施設、道路などが整備された。付近は奥道後玉川県立自然公園に指定され、湧ヶ淵(わけがふち)渓谷、石手川ダムなどの景勝地がある。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

奥道後温泉の関連キーワード奥道後玉川県立自然公園高縄半島道後温泉

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android