コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥郡 おくぐん

世界大百科事典 第2版の解説

おくぐん【奥郡】

続日本紀》宝亀7年(776)12月丁酉条に陸奥国の奥郡がみえ,《今昔物語集》巻二十第10に信濃国の〈奥の郡に侍りし郡司〉とある。信濃では北部の更級,埴科,水内,高井などの諸郡を奥信濃といい,戦国時代にも信州奥郡,信之奥郡などの用例がある。また常陸でも,平安末・鎌倉初期,佐竹氏の支配下におかれた那珂東西,久慈東西,佐都東西,多賀など北部の諸郡を奥七郡といった。1166年(仁安1)飛驒国田畠所当進未注文では,奥郡は益田郡と並記されているので,吉城,大野郡をさすとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥郡の関連キーワード陸上競技過疎地域オリンピアードオリンピア祭ジャーヒズ周期表塩化カリウム古代オリンピック大伴駿河麻呂佐伯三野