コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女の議会 おんなのぎかい Ekklēsiazousai

1件 の用語解説(女の議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女の議会
おんなのぎかい
Ekklēsiazousai

ギリシアのアリストファネスの喜劇。前 391年頃初演。女たちが男装して議会に乗込んで政権を握り,財産と女,子供の共有制度をつくりだす。一見政治的だが実は現実離れした空想にすぎず,政治家に対する個人攻撃もなく,穏やかな機知に富んだ対話がふえ,合唱隊の役割が減り,すでに古喜劇から中喜劇に移行したことを示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女の議会の関連キーワードアリストファネスギリシア悲劇クセノファネスクラティノスメナンドロステオファネイアアリストファネス[ビザンティンの]デーモステレフォス《蛙》(アリストファネス)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone