コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女の議会 おんなのぎかいEkklēsiazousai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女の議会
おんなのぎかい
Ekklēsiazousai

ギリシアのアリストファネス喜劇。前 391年頃初演。女たちが男装して議会に乗込んで政権を握り,財産と女,子供の共有制度をつくりだす。一見政治的だが実は現実離れした空想にすぎず,政治家に対する個人攻撃もなく,穏やかな機知に富んだ対話がふえ,合唱隊の役割が減り,すでに古喜劇から中喜劇に移行したことを示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

女の議会の関連キーワードアリストファネス(喜劇詩人)好色文学ギリシア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android