女の議会(読み)おんなのぎかい(英語表記)Ekklēsiazousai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女の議会
おんなのぎかい
Ekklēsiazousai

ギリシアのアリストファネス喜劇。前 391年頃初演。女たちが男装して議会に乗込んで政権を握り,財産と女,子供の共有制度をつくりだす。一見政治的だが実は現実離れした空想にすぎず,政治家に対する個人攻撃もなく,穏やかな機知に富んだ対話がふえ,合唱隊の役割が減り,すでに古喜劇から中喜劇に移行したことを示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android