奴草(読み)ヤッコソウ

  • ▽奴草
  • やっこそう ‥サウ
  • やっこそう〔サウ〕
  • 奴草 (ヤッコソウ)

大辞林 第三版の解説

ヤッコソウ科の多年草。シイノキの根に寄生。全体に白色。茎は肉質で高さ7センチメートル 内外。質の厚い鱗片葉を数対対生し、鱗片葉は上方のものほど大きい。晩秋、茎頂に両性花を単生。宮崎市内海のものは特別天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ラフレシア科の一年草。四国・九州にまれに生える無葉緑の寄生植物で、宮崎市内海のものは特別天然記念物に指定されている。高さ約五センチメートル。シイノキの根に寄生。葉は鱗片状で白く五~六対を対生。夏、茎頂に花弁のない淡黄白色の奇形花をつける。花は蜜を分泌する鳥媒花。花の下にある大形の鱗片葉を奴の袖に見立てての名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android