如意ヶ岳(読み)にょいがたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)「如意ヶ岳」の解説

如意ヶ岳
にょいがたけ

京都市東部、東山連峰の主峰。標高472メートル。西の部分は大文字(だいもんじ)の送り火で名高い大文字山(466メートル)である。東は長等(ながら)を経て大津へ通じる。山頂からは京都盆地などの眺望に優れる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の如意ヶ岳の言及

【大文字山】より

…京都市左京区の南東部,如意ヶ岳(474m)西側の山で標高466m。古生層が花コウ岩の貫入を受けてできた接触変成岩であるホルンフェルスからなる。…

※「如意ヶ岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android