コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小杉 こすぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小杉
こすぎ

富山県北西部,射水市東・南部の旧町域。射水平野にある。 1889年町制。 1942年橋下条村,1953年金山村,大江村の2村,1954年黒河村,1959年池多村の一部をそれぞれ編入。 2005年新湊市,大門町,村,大島町の1市2町1村と合体して射水市となった。中心地区の小杉は北陸道の宿場町として江戸時代中期以降栄えた。南部の丘陵地に富山高岡工業地域の一環として,太閤山ニュータウンが建設され,県立大学,県環境科学センターなども立地。青井谷付近に北陸自動車道の小杉インターチェンジが建設され,富山新港と結ばれている。北部は水稲単作地帯で,南部の丘陵地では果樹栽培が行なわれ,タケノコ,マツタケなどを産する。青井谷には飛鳥時代の瓦の窯跡の残る小杉丸山遺跡があり,国の史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こすぎ【小杉】

小さい杉。
「小杉原こすぎはら」の略。

こすぎ【小杉】

富山県北部、射水いみず市の地名。近世、北陸街道の宿駅。富山市の西に接し、住宅地化。

こすぎ【小杉】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小杉
こすぎ

富山県中部、射水(いみず)郡にあった旧町名(小杉町(まち))。現在は射水市の中央部を占める地域。旧小杉町は1889年(明治22)町制施行。1942年(昭和17)橋下条(はしげじょう)村、1953年(昭和28)金山、大江の2村、1954年黒河村を編入。2005年(平成17)新湊(しんみなと)市、射水郡大門(だいもん)町、大島(おおしま)町、下(しも)村と合併して射水市となる。旧町域は南部の丘陵地帯から射水平野の一部を占める。江戸時代、富山と高岡の中間の町として発達、国道旧8号とあいの風とやま鉄道(旧、JR北陸本線)が東西に通ずる。また、国道472号は町域を南北に貫く。富山高岡新産業都市計画の一環として、丘陵地に太閤山(たいこうやま)ニュータウンが建設され、人口1万余の団地に発展した。ここに富山県立大学および短期大学部、県環境科学センター、県衛生研究所、県民公園太閤山ランドがある。この太閤山の南側を北陸自動車道が通り、小杉インターチェンジから富山新港へ臨港道路(国道472号の一部)が通じている。小杉丸山遺跡は国指定史跡。[深井三郎]
『『小杉町史』(1959・小杉町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小杉の関連キーワード川崎縦貫高速鉄道線整備事業山形県最上郡鮭川村曲川涙を、獅子のたて髪に白銀の王座 前後篇富山県射水市青井谷わが愛は山の彼方に大地に立つ 前後篇夕陽に赤い俺の顔海はふりむかない富山県射水市戸破のみすけ禁酒運動春風のドライブ私たちの結婚意気天を衝くロマンス小杉恋の片道切符河の上の太陽ジンジャくん性が抜ける東京行進曲

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小杉の関連情報