小杉(読み)こすぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小杉
こすぎ

富山県北西部,射水市東・南部の旧町域。射水平野にある。 1889年町制。 1942年橋下条村,1953年金山村,大江村の2村,1954年黒河村,1959年池多村の一部をそれぞれ編入。 2005年新湊市,大門町,村,大島町の1市2町1村と合体して射水市となった。中心地区の小杉は北陸道の宿場町として江戸時代中期以降栄えた。南部の丘陵地に富山高岡工業地域の一環として,太閤山ニュータウンが建設され,県立大学,県環境科学センターなども立地。青井谷付近に北陸自動車道の小杉インターチェンジが建設され,富山新港と結ばれている。北部は水稲単作地帯で,南部の丘陵地では果樹栽培が行なわれ,タケノコ,マツタケなどを産する。青井谷には飛鳥時代の瓦の窯跡の残る小杉丸山遺跡があり,国の史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こすぎ【小杉】

小さい杉。
「小杉原こすぎはら」の略。

こすぎ【小杉】

富山県北部、射水いみず市の地名。近世、北陸街道の宿駅。富山市の西に接し、住宅地化。

こすぎ【小杉】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小杉
こすぎ

富山県中部、射水(いみず)郡にあった旧町名(小杉町(まち))。現在は射水市の中央部を占める地域。旧小杉町は1889年(明治22)町制施行。1942年(昭和17)橋下条(はしげじょう)村、1953年(昭和28)金山、大江の2村、1954年黒河村を編入。2005年(平成17)新湊(しんみなと)市、射水郡大門(だいもん)町、大島(おおしま)町、下(しも)村と合併して射水市となる。旧町域は南部の丘陵地帯から射水平野の一部を占める。江戸時代、富山と高岡の中間の町として発達、国道旧8号とあいの風とやま鉄道(旧、JR北陸本線)が東西に通ずる。また、国道472号は町域を南北に貫く。富山高岡新産業都市計画の一環として、丘陵地に太閤山(たいこうやま)ニュータウンが建設され、人口1万余の団地に発展した。ここに富山県立大学および短期大学部、県環境科学センター、県衛生研究所、県民公園太閤山ランドがある。この太閤山の南側を北陸自動車道が通り、小杉インターチェンジから富山新港へ臨港道路(国道472号の一部)が通じている。小杉丸山遺跡は国指定史跡。[深井三郎]
『『小杉町史』(1959・小杉町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小杉の関連情報