コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小杉 こすぎ

9件 の用語解説(小杉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小杉
こすぎ

富山県北西部,射水市東・南部の旧町域。射水平野にある。 1889年町制。 1942年橋下条村,1953年金山村,大江村の2村,1954年黒河村,1959年池多村の一部をそれぞれ編入。 2005年新湊市,大門町,村,大島町の1市2町1村と合体して射水市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐すぎ【小杉】

小さい杉の木。
小杉原」の略。
「鼻紙に―入れしを見て勘当切り」〈浮・永代蔵・五〉

こすぎ【小杉】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「小杉」姓の人物
小杉天外(こすぎてんがい)
小杉放庵(こすぎほうあん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こすぎ【小杉】

小さい杉。
「小杉原こすぎはら」の略。

こすぎ【小杉】

富山県北部、射水いみず市の地名。近世、北陸街道の宿駅。富山市の西に接し、住宅地化。

こすぎ【小杉】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小杉
こすぎ

富山県中部、射水(いみず)郡にあった旧町名(小杉町(まち))。現在は射水市の中央部を占める地域。旧小杉町は1889年(明治22)町制施行。1942年(昭和17)橋下条(はしげじょう)村、1953年(昭和28)金山、大江の2村、1954年黒河村を編入。2005年(平成17)新湊(しんみなと)市、射水郡大門(だいもん)町、大島(おおしま)町、下(しも)村と合併して射水市となる。旧町域は南部の丘陵地帯から射水平野の一部を占める。江戸時代、富山と高岡の中間の町として発達、国道旧8号とあいの風とやま鉄道(旧、JR北陸本線)が東西に通ずる。また、国道472号は町域を南北に貫く。富山高岡新産業都市計画の一環として、丘陵地に太閤山(たいこうやま)ニュータウンが建設され、人口1万余の団地に発展した。ここに富山県立大学および短期大学部、県環境科学センター、県衛生研究所、県民公園太閤山ランドがある。この太閤山の南側を北陸自動車道が通り、小杉インターチェンジから富山新港へ臨港道路(国道472号の一部)が通じている。小杉丸山遺跡は国指定史跡。[深井三郎]
『『小杉町史』(1959・小杉町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小杉の関連キーワード富山県射水市鏡宮富山県射水市加茂西部富山県射水市黒河富山県射水市三ケ富山県射水市島新湊〈市〉富山県射水市高木富山県射水市東明七軒富山県射水市鳥取富山県射水市戸破

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小杉の関連情報