コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大文字山 だいもんじやま

7件 の用語解説(大文字山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大文字山
だいもんじやま

京都府京都市市街地北東部,東山連峰の主峰如意ヶ岳の西峰。標高 466m。左京区に属する。毎年 8月16日の晩,山腹に精霊送り火が「大」の字形になるように 75の火床を設け,マツ割り木を積み上げて点火する大文字送り火で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大文字山
だいもんじやま

京都府京都市の市街地北西部,鹿苑寺の北にある山。標高 234m。北区に属する。毎年 8月16日の晩,裏返しにした大の字送り火がともされ,「左大文字」という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいもんじ‐やま【大文字山】

京都市左京区にある、東山連峰中の山。如意ヶ岳の西に連なり、標高466メートル。→大文字の火

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいもんじやま【大文字山】

京都市左京区の南東部,如意ヶ岳(474m)西側の山で標高466m。古生層が花コウ岩の貫入を受けてできた接触変成岩であるホルンフェルスからなる。いわゆる〈東山三十六峰〉のほぼ中心部にあたり,山腹に〈大〉の字をかたどった送り火の施設があって,毎年8月16日夜に盂蘭盆会(うらぼんえ)の送り火がたかれ,山名もこれに由来する。大文字送り火は,この山の大文字のほか,妙法,船形,左大文字,鳥居形が,京都の北半をとり囲む五山の送り火として点じられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕大文字山(だいもんじやま)


京都市左京(さきょう)区の南東部、東山(ひがしやま)三十六峰の一つ。同市山科区と滋賀県境に近い主峰の如意ヶ(にょいが)岳の西峰で標高466m。毎年8月16日夜、中腹に「大」字形の送り火が点火される精霊(しょうりょう)送り行事で著名。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大文字山
だいもんじやま

京都市左京区の南東にある如意(にょい)ヶ岳(474メートル)の西の部分をいう。標高466メートル。8月16日の夜、山腹に精霊(しょうりょう)の送り火の「大」の文字が点火されるので、大文字山とよばれる。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大文字山の関連情報