コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十二位 ごじゅうにい

3件 の用語解説(五十二位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五十二位
ごじゅうにい

菩薩の修行段階を 52に分けたもの。『瓔珞経』に説かれる。十信,十住,十行,十回向,十地,等覚,妙覚をいう。十回向までは凡夫で,それ以上から菩薩の位に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごじゅうに‐い〔ゴジフニヰ〕【五十二位】

菩薩(ぼさつ)が仏果に至るまでの修行の段階を52に分けたもの。十信・十住・十行・十回向・十地および等覚・妙覚をいう。十信から十回向までは凡夫で、十地の初地以上から聖者の位に入り、等覚で仏と等しい境地となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじゅうにい【五十二位】

〘仏〙 菩薩の階位。諸経論によって異なるが、「菩薩瓔珞ようらく経」によれば十信・十住・十行・十回向・十地・等覚・妙覚の五十二位。十地で凡夫の境を脱し、等覚位で仏に等しい境地に達する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone