五十二位(読み)ごじゅうにい

精選版 日本国語大辞典「五十二位」の解説

ごじゅうに‐い ゴジフ‥【五十二位】

〘名〙 語。大乗仏教で、菩薩の信心・修行の初めから、仏果に達するまでの十信・十住・十行・十回向・十地・等妙覚の五十二の階位をいう。等覚は、補処(ふしょ)・金剛心などともいい、仏の資格を十分にそなえ、次の生には仏となる境
※日蓮遺文‐法華題目鈔(1266)「五十二位の中には十信を本とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五十二位」の解説

ごじゅうに‐い〔ゴジフニヰ〕【五十二位】

菩薩ぼさつが仏果に至るまでの修行の段階を52に分けたもの。十信・十住・十行・十回向・十地および等覚・妙覚をいう。十信から十回向までは凡夫で、十地の初地以上から聖者の位に入り、等覚で仏と等しい境地となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五十二位」の解説

五十二位
ごじゅうにい

菩薩の修行段階を 52に分けたもの。『瓔珞経』に説かれる。十信,十住,十行,十回向,十地,等覚,妙覚をいう。十回向までは凡夫で,それ以上から菩薩の位に入る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android