コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妹尾徳風 せのお とくふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妹尾徳風 せのお-とくふう

1847*-1887 幕末-明治時代の書家。
弘化(こうか)3年12月生まれ。備前岡山藩士。書を山内香雪らにまなぶ。維新後は岡山県の庶務,編集係などで書記をつとめた。能書家で,父の浴風とともに備前の二風として知られた。明治20年2月15日死去。42歳。名は別に道夫,麟三。号は雪斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

妹尾徳風の関連キーワードおもなお雇い外国人ベリンスキーリベリアジュール(James Prescott Joule)女流文学オストワルト(Friedrich Wilhelm Ostwald)東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone