コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう【×婁】

二十八宿の一。西方の第二宿。牡羊(おひつじ)座の頭部分の三星。たたらぼし。婁宿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろう【婁】

二十八宿の一。西方の星宿。婁宿。たたらぼし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

婁の関連キーワード人必ず自ら侮りて然る後に人これを侮る天に順う者は存し天に逆らう者は亡ぶ天に順う者は存し天に逆う者は亡ぶ善を責むるは朋友の道なり奈良県生駒郡三郷町立野南大人は赤子の心を失わずロウシャン(婁山)関入満・伊留満・由婁漫ツンイー(遵義)市地を易うれば皆然り科に盈ちて後進む道は近きにあり夜を日に継ぐ揆を一にする般舟三昧経安宅正路耳目の欲二十四孝牟頭婁塚赤子の心

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婁の関連情報