婆伽婆(読み)ばがば

精選版 日本国語大辞典の解説

ばがば【婆伽婆】

(bhagavat の音訳。「ばぎゃば」「ばがぼん」「ばぎゃぼん」とも)
[1] 〘名〙 仏語。
① 仏の敬称の一つ。「世尊」「有徳」などと訳し、煩悩を離れ、人々に尊ばれることを表わす。ぼぎゃぼん。薄伽梵。〔薬師如来本願経〕
② インドで仙人や貴人に対し用いる一般的呼称。
[2] 阿彌陀如来の三七種の呼び名の一つ。
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土一「みなひと婆伽婆を帰命せよ」 〔讚阿彌陀仏偈〕

ばぎゃば【婆伽婆】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android