コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰命 きみょうnamas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帰命
きみょう
namas

仏教用語。南無音写する。本来,身体を屈して敬礼することをさし,特に合掌することをいう。転じて,全身全霊をもって仏陀に傾倒することなどと解釈されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐みょう〔‐ミヤウ〕【帰命】

《〈梵〉namasの訳。音写は南無》仏語救いを信じ、身命を投げ出して従うこと。帰依

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きみょう【帰命】

サンスクリットのnamasを漢文仏典では帰とも南無(なむ)とも訳しており,この両語は同じく〈頭を下げ敬意を示すこと〉,帰依(きえ)を意味している。したがって〈帰命頂礼(きみようちようらい)〉(額(ひたい)を地上につけて最敬礼すること)のように身体の動作と,〈至心帰命(ししんきみよう)〉(心中でひたすら帰依すること)の両面をふくんでいる。しかし,中国や日本の仏教においては帰と命にそれぞれ独立の意味を与えて,帰は〈かえる,したがう〉などの意に,命は〈寿命教命(きようみよう)〉などの意に解釈し,〈仏の教命(教え)にしたがうこと〉〈人間の寿命のよって起こる根源にたちかえること〉〈命をささげて信ずること〉など,各宗派においてさまざまな解釈がなされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きみょう【帰命】

namas「礼拝」「崇拝」の意〕
〘仏〙 心から仏や仏の教えに従うこと。南無。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帰命の関連キーワードサンスクリット南無阿弥陀仏三部仮名鈔玄旨帰命壇藤本 了泰十字の名号奇妙頂礼六時礼讃六字名号宗教改革十二合掌南無三宝摩多羅神三業惑乱南無帰命森徹山異安心浄土宗印相願書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰命の関連情報