コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婆羅門僧正 ばらもんそうじょう

4件 の用語解説(婆羅門僧正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婆羅門僧正
ばらもんそうじょう

[生]?
[没]天平宝字4(760)
日本に渡来したインドの仏教僧。バラモン階級のバーラドバージャ Bhāradvāja姓の出身で,名をボーディセーナ Bodhisenaといい,菩提僊那 (ぼだいせんな) などと音写。中国僧道せん,ベトナム僧仏徹とともに天平2 (730) 年に中国を出帆,同8年太宰府に到着。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バラモン‐そうじょう〔‐ソウジヤウ〕【婆羅門僧正】

菩提僊那(ぼだいせんな)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

婆羅門僧正 ばらもんそうじょう

菩提僊那(ぼだい-せんな)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

バラモンそうじょう【婆羅門僧正】

704~760) 奈良時代の僧。名は菩提僊那ぼだいせんな(Bodhisena)南インド出身。五台山の文殊菩薩の霊験を慕って中国に渡り、736年、遣唐使の要請で来日。751年僧正となり、翌年、東大寺の大仏開眼供養の導師となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の婆羅門僧正の言及

【菩提僊那】より

…Budhisenaの音訳。世に婆羅門僧正,菩提僧正という。南天竺の婆羅門の出とされ,中国五台山の文殊菩薩の霊験を耳にして入唐し,第9次遣唐使多治比広成,学問僧理鏡の要請にこたえて,林邑僧仏哲,唐僧道璿(どうせん)らとともに,736年(天平8)5月に大宰府に来航し,8月難波津に到着,行基などの出迎えをうけて平城左京の大安寺に入り,子弟を指導した。…

※「婆羅門僧正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

婆羅門僧正の関連キーワード万年通宝安勅嶋足阿倍嶋麻呂粟田女王池上女王鴨小鮒多治比家主藤原北夫人藤原乙麻呂山背王

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone