コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婆羅門僧正 ばらもんそうじょう

4件 の用語解説(婆羅門僧正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婆羅門僧正
ばらもんそうじょう

[生]?
[没]天平宝字4(760)
日本に渡来したインドの仏教僧。バラモン階級のバーラドバージャ Bhāradvāja姓の出身で,名をボーディセーナ Bodhisenaといい,菩提僊那 (ぼだいせんな) などと音写。中国僧道せん,ベトナム僧仏徹とともに天平2 (730) 年に中国を出帆,同8年太宰府に到着。行基とも会見し,天平勝宝2 (750) 年には僧正となった。また,東大寺の大仏開眼の法会には導師をつとめた。『華厳経』に学殖の深い人であったらしく,また呪術的な面に秀でていたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

婆羅門僧正 ばらもんそうじょう

菩提僊那(ぼだい-せんな)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バラモンそうじょう【婆羅門僧正】

704~760) 奈良時代の僧。名は菩提僊那ぼだいせんな(Bodhisena)南インド出身。五台山の文殊菩薩の霊験を慕って中国に渡り、736年、遣唐使の要請で来日。751年僧正となり、翌年、東大寺の大仏開眼供養の導師となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の婆羅門僧正の言及

【菩提僊那】より

…Budhisenaの音訳。世に婆羅門僧正,菩提僧正という。南天竺の婆羅門の出とされ,中国五台山の文殊菩薩の霊験を耳にして入唐し,第9次遣唐使多治比広成,学問僧理鏡の要請にこたえて,林邑僧仏哲,唐僧道璿(どうせん)らとともに,736年(天平8)5月に大宰府に来航し,8月難波津に到着,行基などの出迎えをうけて平城左京の大安寺に入り,子弟を指導した。…

※「婆羅門僧正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

婆羅門僧正の関連キーワード圧力シリア難民(2015年)国有林ふくおかFGによる救済策白木―丹生断層緊急保証制度融資大分川ダム阿修羅像民主党代表選新日本製鉄大分製鉄所

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone