コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婆羅門僧正 ばらもんそうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婆羅門僧正
ばらもんそうじょう

[生]?
[没]天平宝字4(760)
日本に渡来したインドの仏教僧。バラモン階級のバーラドバージャ Bhāradvāja姓の出身で,名をボーディセーナ Bodhisenaといい,菩提僊那 (ぼだいせんな) などと音写。中国僧道せん,ベトナム僧仏徹とともに天平2 (730) 年に中国を出帆,同8年太宰府に到着。行基とも会見し,天平勝宝2 (750) 年には僧正となった。また,東大寺の大仏開眼の法会には導師をつとめた。『華厳経』に学殖の深い人であったらしく,また呪術的な面に秀でていたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バラモンそうじょう【婆羅門僧正】

704~760) 奈良時代の僧。名は菩提僊那ぼだいせんな(Bodhisena)南インド出身。五台山の文殊菩薩の霊験を慕って中国に渡り、736年、遣唐使の要請で来日。751年僧正となり、翌年、東大寺の大仏開眼供養の導師となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の婆羅門僧正の言及

【菩提僊那】より

…Budhisenaの音訳。世に婆羅門僧正,菩提僧正という。南天竺の婆羅門の出とされ,中国五台山の文殊菩薩の霊験を耳にして入唐し,第9次遣唐使多治比広成,学問僧理鏡の要請にこたえて,林邑僧仏哲,唐僧道璿(どうせん)らとともに,736年(天平8)5月に大宰府に来航し,8月難波津に到着,行基などの出迎えをうけて平城左京の大安寺に入り,子弟を指導した。…

※「婆羅門僧正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

婆羅門僧正の関連キーワード慈恩寺(山形県)霊山寺(奈良市)日本高僧伝要文抄大仏開眼供養奈良の大仏文殊菩薩天平宝字慈恩寺霊山寺五台山林邑楽迦陵頻四聖修栄仏哲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android