婆羅門僧正(読み)ばらもんそうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婆羅門僧正
ばらもんそうじょう

[生]?
[没]天平宝字4(760)
日本に渡来したインドの仏教僧。バラモン階級のバーラドバージャ Bhāradvāja姓の出身で,名をボーディセーナ Bodhisenaといい,菩提僊那 (ぼだいせんな) などと音写。中国僧道せん,ベトナム僧仏徹とともに天平2 (730) 年に中国を出帆,同8年太宰府に到着。行基とも会見し,天平勝宝2 (750) 年には僧正となった。また,東大寺の大仏開眼の法会には導師をつとめた。『華厳経』に学殖の深い人であったらしく,また呪術的な面に秀でていたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バラモンそうじょう【婆羅門僧正】

704~760) 奈良時代の僧。名は菩提僊那ぼだいせんな(Bodhisena)南インド出身。五台山の文殊菩薩の霊験を慕って中国に渡り、736年、遣唐使の要請で来日。751年僧正となり、翌年、東大寺の大仏開眼供養の導師となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

バラモン‐そうじょう ‥ソウジャウ【婆羅門僧正】

南インドの人。名は、菩提僊那(ぼだいせんな)(Bodhisena)。姓は婆羅遅。バラモン出身であったため、日本で俗にこの名で呼ばれた。中国五台山の文殊菩薩を慕って中国に来たが、天平八年(七三六)入唐した遣唐使に乞われて、共に来朝。大安寺に住み、天平勝宝三年(七五一)僧正、翌年、奈良東大寺の大仏供養の導師をつとめた。(七〇四‐七六〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の婆羅門僧正の言及

【菩提僊那】より

…Budhisenaの音訳。世に婆羅門僧正,菩提僧正という。南天竺の婆羅門の出とされ,中国五台山の文殊菩薩の霊験を耳にして入唐し,第9次遣唐使多治比広成,学問僧理鏡の要請にこたえて,林邑僧仏哲,唐僧道璿(どうせん)らとともに,736年(天平8)5月に大宰府に来航し,8月難波津に到着,行基などの出迎えをうけて平城左京の大安寺に入り,子弟を指導した。…

※「婆羅門僧正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android