嬋媛(読み)センエン

デジタル大辞泉の解説

せん‐えん〔‐ヱン〕【×嬋媛】

[ト・タル][文][形動タリ]あでやかで美しいさま。優美であるさま。
「暮れんとする春の色の、―として、しばらくは冥邈(めいばく)の戸口をまぼろしに彩どる中に」〈漱石草枕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんえん【嬋媛】

( トタル ) [文] 形動タリ 
美しく心ひかれるさま。 「暮れんとする春の色の、-として/草枕 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐えん ‥ヱン【嬋媛】

〘名〙 (形動タリ)
① 心をひかれるさま。美しくたおやかなさま。また、美女のこと。
※枕山詩鈔‐初編(1859)中・墨川行「冶郎半酣指何処、紅楼隔水列嬋媛」 〔楚辞‐離騒〕
② 枝と枝とが相引きつらなること。また、そのさま。
※菅家文草(900頃)四・寄白菊四十韻「蘂期酷烈、茎約嬋媛」 〔広韻〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android