子どもの急性喉頭炎(読み)こどものきゅうせいこうとうえん(英語表記)Acute Laryngitis

家庭医学館の解説

こどものきゅうせいこうとうえん【子どもの急性喉頭炎 Acute Laryngitis】

[どんな病気か]
 かぜ症候群から引きつづいておこる病気で、喉頭粘膜(こうとうねんまく)が発赤腫脹(ほっせきしゅちょう)します(赤くなって腫(は)れる)。
 冬や季節の変わりめにおこりやすい病気で、声がかれ(嗄声(させい))、声が出なくなる(失声(しっせい))こともあります。
 発熱はほとんどなく、空(から)せきが出て、とまりにくくなります。
 初めウイルス感染によるかぜ症候群(しょうこうぐん)の症状で、その後、細菌感染による混合感染がおこります。
[治療]
 ファイバースコープで喉頭を観察すると、声帯が発赤腫脹し、声を出したときに声帯の間にすき間が見られます。
 声帯の安静を保つために沈黙を守ることがたいせつです。
 治療としては、湿りけを与えるために、ネブライザーで生理的食塩水を噴霧します。そのほか、抗生物質、せきに対して鎮咳薬(ちんがいやく)(せき止め)、去痰薬(きょたんやく)を併用します。
 家庭では、安静を守らせ、保温を心がけるとともに、部屋の湿度を保つことを心がけます。
 日常生活の注意としては、かぜをひいたときは、十分に栄養をとり、休養、安静、保温を守らせます。
 また、部屋が乾燥しないように注意するとともに、家族は禁煙を守り、部屋の空気を汚さないようにします。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android