コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮内反(症) しきゅうないはんしょうUterine Inversion

1件 の用語解説(子宮内反(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうないはんしょう【子宮内反(症) Uterine Inversion】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)の直後に子宮が内側にうらがえって、ひどいときには、内反した子宮が腟外(ちつがい)に脱出するものをいいます。まれな病気ですが、早期に適切な処置が行なわれないと、大量出血やショックのため、母体が死亡にいたることもある重大な病気です。
[治療]
 多くの場合、大量出血がみられるので、まず、その予防と治療を行ないます。つづいて、手を使って整復を行ないますが、不成功の場合は手術が必要となります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone