コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮内反(症) しきゅうないはんしょう Uterine Inversion

1件 の用語解説(子宮内反(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうないはんしょう【子宮内反(症) Uterine Inversion】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)の直後に子宮が内側にうらがえって、ひどいときには、内反した子宮が腟外(ちつがい)に脱出するものをいいます。まれな病気ですが、早期に適切な処置が行なわれないと、大量出血やショックのため、母体が死亡にいたることもある重大な病気です。
[治療]
 多くの場合、大量出血がみられるので、まず、その予防と治療を行ないます。つづいて、手を使って整復を行ないますが、不成功の場合は手術が必要となります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子宮内反(症)の関連キーワード鉗子分娩吸引分娩経腟分娩分娩分娩予定日異常分娩無痛分娩自宅分娩誘発分娩正常分娩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone