コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季亨玄厳 きこう げんごん

1件 の用語解説(季亨玄厳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

季亨玄厳 きこう-げんごん

?-1458* 室町時代の僧。
臨済宗(りんざいしゅう)聖一(しょういち)派。日向(ひゅうが)(宮崎県)の人とも,筑前(ちくぜん)(福岡県)の人ともいわれる。剛中玄柔の法をつぎ,京都東福寺,日向大慈寺の住持となり,京都と日向を往来した。長禄(ちょうろく)元年12月25日死去。別号に紫府真人,霊松道人。著作に「霊松集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

季亨玄厳の関連キーワード天隠龍沢正韵東海宗朝福島慶道圜悟克勤鉄牛意雲惟三宗叔雲荘徳慶甫雪等禅

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone