コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季亨玄厳 きこう げんごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

季亨玄厳 きこう-げんごん

?-1458* 室町時代の僧。
臨済宗(りんざいしゅう)聖一(しょういち)派。日向(ひゅうが)(宮崎県)の人とも,筑前(ちくぜん)(福岡県)の人ともいわれる。剛中玄柔の法をつぎ,京都東福寺,日向大慈寺の住持となり,京都と日向を往来した。長禄(ちょうろく)元年12月25日死去。別号に紫府真人,霊松道人。著作に「霊松集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

季亨玄厳の関連キーワード室町時代臨済宗

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android