孤峰 智璨(読み)コホウ チサン

20世紀日本人名事典「孤峰 智璨」の解説

孤峰 智璨
コホウ チサン

明治〜昭和期の僧侶(曹洞宗),仏教学者



生年
明治12(1879)年8月16日

没年
昭和42(1967)年11月1日

出生地
富山市

別名
勅号=円応至道禅師,号=鳥石,瑩堂

学歴〔年〕
曹洞宗大学林〔明治37年〕卒,教導講習院〔明治42年〕卒

経歴
明治25年13歳で得度、34年から円覚寺釈宗演、長国寺杉本道山、西の宮海青寺南天棒中、原劉洲に参じ印可を得た。38年から千葉泉福寺、長野県頼岳寺、石川県永光寺、神奈川県最乗寺各住職。昭和3年師家となり、最乗寺専門僧堂長、長野県専門尼僧堂長、曹洞宗総持寺副監院、藍院、副貫首を経て32年貫首。41年横浜市鶴見に鶴見女子大学を創立著書に「承陽大師伝」「常済大師伝」「冠註 伝光録」「曹洞宗両大山沿革史」「印度支那日本禅宗史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android