コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈宗演 しゃく そうえん

6件 の用語解説(釈宗演の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

釈宗演

臨済宗の僧。福井県生。姓は一ノ瀬、名は常次郎、字は洪岳。鎌倉円覚寺今北洪川に参じて印可を得る。福沢諭吉に学び、セイロンに留学。政・財界、知識人への講義・指導を通して多くの信奉者をもった。円覚寺派管長。大正8年(1919)寂、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

釈宗演【しゃくそうえん】

明治・大正期の臨済宗の僧。若狭(わかさ)高浜の人。京都妙心寺で得度ののち鎌倉円覚(えんがく)寺で今北洪川(いまきたこうせん)につく。慶応義塾を卒業,セイロンに留学し,1892年円覚寺派管長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釈宗演 しゃく-そうえん

1860*-1919 明治-大正時代の僧。
安政6年12月18日生まれ。臨済(りんざい)宗。今北洪川(こうせん)の法をつぐ。慶応義塾にまなび,セイロン(スリランカ)に留学。のち円覚寺派,建長寺派の管長を兼務。明治26年シカゴでの万国宗教大会に出席。初めて欧米に禅を紹介した。臨済宗大(現花園大)学長。門下に鈴木大拙ら。大正8年11月1日死去。61歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。俗名は一ノ瀬常次郎。号は洪岳,楞伽窟(りょうがくつ)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

釈宗演

没年:大正8.11.1(1919)
生年:安政6.12.18(1860.1.10)
明治から大正時代の臨済宗の僧。号は洪岳,楞伽窟, 小廝子,不可往子。初め祖光と称す。若狭国大飯郡高浜村(福井県高浜町)の一ノ瀬信典と康の次男。俗名常次郎。出家して釈と改姓。慶応義塾卒。セイロン(スリランカ)に留学,インド,タイ,中国を歴訪。円覚寺,建長寺の管長を兼任,臨済宗大学(花園大学)の学長も務めた。明治26(1893)年,シカゴの第1回世界宗教会議に出席,初めて欧米に禅を紹介,その後も鈴木大拙と共に世界に禅を喧伝した。大拙,夏目漱石,徳富蘇峰らが参禅,大正期に禅ブームを巻き起こした。<著作>『釈宗演全集』<参考文献>小畠文鼎『続禅林僧宝伝』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈宗演
しゃくそうえん

宗演」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釈宗演
しゃくそうえん
(1859―1919)

明治・大正時代の臨済(りんざい)宗の僧。幼名は常次郎、初名は祖光(そこう)、字(あざな)は洪嶽(こうがく)、号は楞伽窟(りょうがくつ)、小厮児(しょうしじ)、不可往子(ふかおうし)など。安政(あんせい)6年12月18日、越前(えちぜん)国(福井県大飯(おおい)郡高浜町)に生まれる。1870年(明治3)妙心寺天授院の越渓守謙(えっけいしゅけん)に就いて得度。78年鎌倉円覚寺(えんがくじ)の今北洪川(いまきたこうせん)に参じ、のちに嗣法した。92年、円覚寺の住職、同派管長となり、翌年渡米し、シカゴでの万国宗教大会に出席した。1903年(明治36)より建長寺派管長をも兼ねたが、05年には両派の管長を辞し、東慶寺(とうけいじ)住職となる。同年、再度渡米して禅を宣揚するが、このとき通訳や翻訳にあたったのが参学の弟子鈴木大拙(だいせつ)である。翌年ヨーロッパ、インドなどを歴遊。晩年は朝鮮、満州(中国東北部)、台湾を巡錫(じゅんしゃく)した。14年(大正3)に臨済宗大学学長となり、16年には円覚寺派管長に再任された。大正8年11月1日示寂。[伊藤秀憲]
『『釈宗演全集』10巻(1929~30・平凡社) ▽釈敬俊校閲、長尾大学編著『宗演禅師書翰集』(1931・二松堂) ▽釈敬俊編纂『楞伽窟年次傳』(1942・大中寺) ▽中岡宏夫編著『宗演禅師 禅の精髄』(1957・誠信書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の釈宗演の言及

【円覚寺】より

…明治期には,今北洪川(いまきたこうせん)が入寺し,在家者の居士禅を盛んにした。釈宗演(しやくそうえん)はアメリカに禅を布教し,その門下の居士であった鈴木大拙はアメリカに長期間在住し,禅文化の紹介に努めた。また夏目漱石も居士林で参禅した一人であった。…

※「釈宗演」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釈宗演の関連キーワード真巌宗乗昭海紹蘇正韵拙叟宗益宙外玄杲文室宗周福島慶道大梅圜悟克勤済家

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釈宗演の関連情報