学問料(読み)がくもんりょう

精選版 日本国語大辞典の解説

がくもん‐りょう ‥レウ【学問料】

〘名〙 平安以後、大学寮紀伝道(きでんどう)の学生に給与した費用。支給を受けるには、父祖や他の儒者等に推挙されるか自分で申請するかしたが、時には試験によっても選ばれた。これとは別に、藤原氏の学生に給付された勧学院学問料もあった。試験制度は中世には有名無実化した。灯燭料。給料。
※権記‐長徳四年(998)一二月二九日「但馬守生昌申重任文等、佐渡文学問料文宣旨下」
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「登省(とうざう)し、及第し、がくもんれう給はり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android