宇宙の暗黒時代(読み)ウチュウノアンコクジダイ

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐の‐あんこくじだい〔ウチウ‐〕【宇宙の暗黒時代】

ビッグバンから始まった宇宙の歴史において、水素イオンが電子と再結合して宇宙の晴れ上がりを迎えてから、初代の天体が誕生するまでの時代。ビッグバンの30万年後から、5億年後までの間とされる。光学望遠鏡で観測できるような光を放つ天体はまだ存在せず、その様子が「暗黒」になぞらえられた。最初期の銀河やクエーサーの形成に伴って紫外線などの波長が短い電磁波が発せられ、宇宙の再電離という現象が起こり、暗黒時代が終了したと考えられている。ダークエージ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android