コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙ステーション補給機 ウチュウステーションホキュウキ

2件 の用語解説(宇宙ステーション補給機の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちゅうステーション‐ほきゅうき〔ウチウ‐ホキフキ〕【宇宙ステーション補給機】

エッチ‐ティー‐ブイ(HTV)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙ステーション補給機
うちゅうすてーしょんほきゅうき

国際宇宙ステーションISS=International Space Station)へ食料、飲料水、実験資材などを輸送するために宇宙航空研究開発機構JAXA)が開発した無人貨物輸送機。HTV(H- Transfer Vehicle)ともよばれる。愛称は「こうのとり」。日本の実験棟「きぼう」も設置されている国際宇宙ステーションでは、宇宙飛行士が生活するための食料、飲料水が必要である。そのためにアメリカのスペースシャトルやロシアのプログレスが食料などの補給を担ってきた。しかし、老朽化によるスペースシャトルの引退(2011年)が迫り、「きぼう」運用の負担分としての資材補給を担当するために、ヨーロッパのATV(Automated Transfer Vehicle)と同様な無人貨物輸送機を日本でも開発した。
 HTVは全長10メートル、最大径4.4メートルの円筒形で打上げ時の質量は約16.5トン、搭載補給品の質量は約6トンである。HTV用に打上げ能力を改良されたH-Bロケットで打ち上げられる。HTVは打上げ後、400キロメートル上空の軌道上にある国際宇宙ステーションに地上からの誘導で近づき、最終的には宇宙ステーションのロボットアームを用いて宇宙ステーションに接合する。貨物部分(補給キャリア)は与圧部分と非与圧部分に分かれている。与圧部分には食料や飲料水などの生活必需品などが入れられ、宇宙飛行士が直接、宇宙ステーションに運び入れる。非与圧部分には宇宙に直接暴露して実験する資材を入れておきロボットアームで実験部へ設置できる。HTVは、これらの補給品を宇宙ステーションに搬入後、汚れた服や他の廃棄物を積み込み、宇宙ステーションからの分離後、大気圏に再突入して燃え尽きる設計になっている。
 第1号のHTVは、2009年(平成21)9月11日に打ち上げられ、9月18日に宇宙ステーションに接続した。補給品の搬入後、11月2日に大気圏に突入し燃え尽きた。その後は2011年1月22日に2号機、2012年7月21日に3号機、2013年8月4日に4号機、2015年8月19日に5号機の打上げに成功している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙ステーション補給機の関連キーワード高精細テレビ高精細度テレビジョンISDBTBSDTVSBTVDTHDテレビHD放送FTTBティーブイオーアイピーヒトT細胞白血病ウイルス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇宙ステーション補給機の関連情報