コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙ステーション補給機 ウチュウステーションホキュウキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙ステーション補給機
うちゅうすてーしょんほきゅうき

国際宇宙ステーション(ISS)へ食料、飲料水、実験資材などを輸送するために宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した無人貨物輸送機。HTV(H- Transfer Vehicle)ともよばれる。愛称は「こうのとり」。日本の実験棟「きぼう」も設置されている国際宇宙ステーションでは、宇宙飛行士が生活するための食料、飲料水が必要である。そのためにアメリカのスペースシャトルやロシアのプログレスが食料などの補給を担ってきたが、「きぼう」運用の負担分としての資材補給を担当するために、ヨーロッパのATV(Automated Transfer Vehicle)と同様な無人貨物輸送機を日本でも開発した。こうのとりは、ISS輸送機のなかで、唯一、実験ラックや大型船外ペイロードを輸送する能力を有している。
 こうのとりは全長約10メートル、最大径約4.4メートルの円筒形で打上げ時の質量は約16.5トン、搭載補給品の質量は約6トンである。こうのとり用に打上げ能力を改良されたH-Bロケットで打ち上げられる。こうのとりは打上げ後、約400キロメートル上空の軌道上にある国際宇宙ステーションに地上からの誘導などで近づき、最終的には宇宙ステーションのロボットアームを用いて宇宙ステーションに接合する。貨物部分(補給キャリア)は与圧部分と非与圧部分に分かれている。与圧部分には食料や飲料水などの生活必需品などが入れられ、宇宙飛行士が直接、宇宙ステーションに運び入れる。非与圧部分には宇宙に直接暴露して実験する資材などを入れておきロボットアームで実験部へ設置できる。こうのとりは、これらの補給品を宇宙ステーションに搬入後、廃棄物を積み込み、宇宙ステーションからの分離後、大気圏に再突入して燃え尽きる設計になっている。
 第1号のこうのとりは、2009年(平成21)9月11日に打ち上げられ、9月18日に宇宙ステーションに接続した。補給品の搬入後、11月2日に大気圏に突入し燃え尽きた。その後は2011年1月22日に2号機、2012年7月21日に3号機、2013年8月4日に4号機、2015年8月19日に5号機の打上げに成功している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇宙ステーション補給機の関連キーワードH2 Transfer Vehicleこうのとり(HTV)宇宙エレベーターHHHⅡBロケットこうのとり(HTV)油井亀美也星出彰彦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android