コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウノトリ

デジタル大辞泉の解説

こう‐の‐とり〔こふ‐〕【×鸛】

コウノトリ科の鳥。全長約1.1メートル。全身白色で、風切り羽とくちばしが黒い。松などの樹上に巣を作り、姿がタンチョウに似るため「松上の鶴」として誤って描かれた。東アジアに分布。日本では特別天然記念物に指定されたが絶滅した。中国から冬鳥としてまれに渡来。こうづる。
コウノトリコウノトリ科の鳥の総称。大形で、脚・くび・くちばしが長い。鳴く器官が退化し、くちばしでカタカタッと音を出す。17種がアフリカやアジア南部を中心に分布。

こうのとり[輸送機]

国際宇宙ステーションISS)に物資を運ぶ、日本の無人軌道間補給機HTV愛称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうのとり【鸛】

岩手の日本酒。酒名は、幸せを運んでくる象徴としてのコウノトリに由来。キレのある飲み口で穏やかな香りの純米吟醸酒。原料米は雄町。仕込み水は東根山の伏流水。蔵元の「吾妻嶺酒造店」は天明元年(1781)創業。所在地は紫波郡紫波町土舘字内川。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

こう【鸛】

コウノトリの異名。

こうのとり【鸛】

コウノトリ目コウノトリ科、ツルに似た大形の鳥。全長1メートルほど。全体は白色で、風切り羽は黒色。くちばしは黒色で長く太く、脚は赤色で長い。ヨーロッパからアフリカ北部、アジアに分布。特別天然記念物。日本で繁殖する個体群は1971年(昭和46)に消滅。冬に大陸から飛来する個体を観察する。現在は大陸産の個体を飼育下で繁殖。鸛鶴こうづる。 〔古来「松上の鶴」として画題にされているのは、ツルではなくコウノトリである。また、北ヨーロッパには、人間の赤ん坊を運んでくる鳥という伝説がある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鸛 (コウノトリ)

学名:Ciconia ciconia
動物。コウノトリ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鸛の関連キーワード「登鸛鵲楼」王之渙コウノトリ(鸛)ゲンノショウコ風切り羽赤ん坊冬の日王之渙異名風俗

鸛の関連情報