(読み)コウノトリ

デジタル大辞泉の解説

こう‐の‐とり〔こふ‐〕【×鸛】

コウノトリ科の鳥。全長約1.1メートル。全身白色で、風切り羽とくちばしが黒い。松などの樹上に巣を作り、姿がタンチョウに似るため「松上の鶴」として誤って描かれた。東アジアに分布。日本では特別天然記念物に指定されたが絶滅した。中国から冬鳥としてまれに渡来。こうづる。
コウノトリコウノトリ科の鳥の総称。大形で、脚・くび・くちばしが長い。鳴く器官が退化し、くちばしでカタカタッと音を出す。17種がアフリカやアジア南部を中心に分布。

こうのとり[輸送機]

国際宇宙ステーションISS)に物資を運ぶ、日本の無人軌道間補給機HTV愛称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうのとり【鸛】

岩手の日本酒。酒名は、幸せを運んでくる象徴としてのコウノトリに由来キレのある飲み口で穏やかな香りの純米吟醸酒。原料米は雄町。仕込み水は東根山の伏流水蔵元の「吾妻嶺酒造店」は天明元年(1781)創業。所在地は紫波郡紫波町土舘字内川。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鸛 (コウノトリ)

学名:Ciconia ciconia
動物。コウノトリ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん クヮン【鸛】

〘名〙 こうのとり。こうづる。
※続日本紀‐天平一三年(741)三月辛丑「有鸛一百八、来集宮内殿上」 〔詩経‐豳風・東山〕

こう こふ【鸛】

〘名〙 鳥「こうのとり(鸛)」の異名。
※続日本紀‐天平一三年(741)三月辛丑「有鸛一百八、来集宮内殿上

こう‐の‐とり こふ‥【鸛】

〘名〙
① コウノトリ科の鳥。全長一一〇センチメートル、翼開張二メートルに達する。体は純白で翼の大部分は光沢ある黒色。カエル、魚などを主食とし、マツその他の高木の樹頂に営巣。古来「松上の鶴」と表現されるようにツルとしばしば混同されるが、あしが赤く、頭頂部は赤くないことで区別できる。鸛鶴(こうづる)ともいう。アジア東部に分布し、日本ではかつては各地で繁殖していたが、明治以降に激減し、いまは冬季に大陸から渡来するのみ。特別天然記念物。ヨーロッパ産の亜種はシュバシコウといい、子を守る愛情の深い鳥とされ、また、人間の赤ん坊を運んでくるという伝説がある。鴻(こう)。〔書言字考節用集(1717)〕
② コウノトリ科の鳥の総称。脚と頸が長く、比較的頭と嘴の大きな、大形の鳥。水辺や草原にすみ、小動物を主食とする。アフリカ、アジアの熱帯に最も多く、世界に一七種を産する。日本にはコウノトリのほか、稀にナベコウが渡来。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報