宇宙進化論(読み)うちゅうしんかろん(英語表記)evolution of the universe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙進化論
うちゅうしんかろん
evolution of the universe

宇宙がいかに生成し進化してきたか,またこれからどうなっていくかを理解しようとする天文学の一部門。18世紀後半に初めてこの問題に手をつけたイマヌエル・カントとピエール=シモン・ラプラスの星雲説以来,ジェームズ・H.ジーンズ潮汐説,カルル・フリードリヒ・フォン・ワイゼッカーの新星雲説(乱流渦動説),R.リトルトン連星起源説など,主として論じられたのは太陽系起源であった。その後恒星の核エネルギー源が明確になり,またハッブルの法則などによって,全宇宙の進化についても考えられるようになった。今日,宇宙の起源についてはビッグバン説が主流となっている。また,インフレーション宇宙理論などはわれわれのこの宇宙も無数の宇宙のなかの一つであると考え,さらに広い視野からの理論構築も行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐しんかろん〔ウチウシンクワロン〕【宇宙進化論】

宇宙の始まりから現在を経て未来に至る進化を研究する天文学の一分野。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちゅうしんかろん【宇宙進化論】

宇宙の起源・構造や、天体・銀河系の進化を論ずる学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android