コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星雲説 せいうんせつ nebular hypothesis

翻訳|nebular hypothesis

4件 の用語解説(星雲説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星雲説
せいうんせつ
nebular hypothesis

1755年,イマヌエル・カントが提出し,1796年にピエールシモンラプラスが科学的に論理づけた太陽系起源説。太陽系は,初め大きなガス星雲であって,それが自転しつつ冷えて収縮するにつれ中央部は小さく固まり,残った周縁部はいくつかの土星の環のようなリングになり,それが固まって惑星をつくるというもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいうん‐せつ【星雲説】

カントラプラスの星雲説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

星雲説【せいうんせつ】

カントが提唱し(1755年),ラプラスが力学的修正を施した(1796年)太陽系生成理論。ゆるやかに回転する星雲状ガス塊が冷却,収縮するにつれて,全体の回転が速まり,赤道部から物質が次々に環状に分離,各環は球状にまとまって惑星になり,中心に残ったガス球が太陽となったとするもの。
→関連項目志筑忠雄太陽系ラプラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

せいうんせつ【星雲説】

太陽系の起源についての説の一。 → カント-ラプラスの星雲説

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の星雲説の言及

【太陽系】より

…ただしラプラスの説も半ば通俗的な概論に終始したものである。カント=ラプラスの説の特徴の一つは星雲から太陽と惑星とが同時に生まれたとする主張で,カント=ラプラス星雲説と呼ばれる。その後この星雲説に相対する遭遇説,捕獲説がいくつも現れたが,これらのすべてに共通の特徴は太陽が先に生まれその後で惑星がつくられたという主張である。…

※「星雲説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

星雲説の関連キーワード原始太陽系太陽系小天体系外惑星太陽系外縁天体原始太陽系星雲太陽系圏太陽系オデッセイ太陽系帝国の危機太陽系辺境空域太陽系起源論

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone