コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野朗 うの ほがら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野朗 うの-ほがら

1850-1928 明治-大正時代の医学者。
嘉永(かえい)3年10月5日生まれ。東京医学校シュルツェスクリバにまなぶ。明治17年東京大学教授。26年医科大学第一外科初代教授となり,皮膚病学・梅毒学講座教授,付属医院長を兼任。30年退官し,東京で病院を開設した。昭和3年11月20日死去。79歳。伊豆(いず)三島(静岡県)出身。

宇野朗 うの-あきら

宇野朗(うの-ほがら)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇野朗の関連キーワード大正時代嘉永

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android