コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野雪村 うの せっそん

2件 の用語解説(宇野雪村の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

宇野雪村

書家。兵庫県生。本名は武夫。御影師範卒。桑田桑鳩に師事する。奎星会会長・玄美社主宰。日展審査員。東京に住した。平成7年(1995)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野雪村 うの-せっそん

1912-1995 昭和-平成時代の書家。
明治45年1月23日生まれ。上田桑鳩(そうきゅう)にまなぶ。昭和24年,25年日展で特選。44年桑鳩をついで奎星(けいせい)会の代表となり前衛書道を指導,海外展もひらいた。59年毎日芸術賞。大東文化大教授,毎日書道会理事などをつとめた。平成7年4月6日死去。83歳。兵庫県出身。御影師範卒。本名は武夫。著作に「古墨」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宇野雪村の関連キーワード青山杉雨村上三島浅香鉄心金子卓義栗原蘆水津金孝邦比田井南谷森田子竜由本正秋劉蒼居

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇野雪村の関連情報