コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野雪村 うの せっそん

美術人名辞典の解説

宇野雪村

書家。兵庫県生。本名は武夫。御影師範卒。桑田桑鳩に師事する。奎星会会長・玄美社主宰。日展審査員。東京に住した。平成7年(1995)歿、83才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野雪村 うの-せっそん

1912-1995 昭和-平成時代の書家。
明治45年1月23日生まれ。上田桑鳩(そうきゅう)にまなぶ。昭和24年,25年日展で特選。44年桑鳩をついで奎星(けいせい)会の代表となり前衛書道を指導,海外展もひらいた。59年毎日芸術賞。大東文化大教授,毎日書道会理事などをつとめた。平成7年4月6日死去。83歳。兵庫県出身。御影師範卒。本名は武夫。著作に「古墨」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇野雪村の関連キーワード文房四宝蘭亭序王羲之十七帖書家法帖

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇野雪村の関連情報