コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前衛書道 ゼンエイショドウ

デジタル大辞泉の解説

ぜんえい‐しょどう〔ゼンヱイシヨダウ〕【前衛書道】

伝統的な書の概念を離れて、墨色・筆致・余白などによる純粋な造形性を追求する書道。第二次大戦後に興り、昭和30年代以降に盛んになった。墨象(ぼくしょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

前衛書道【ぜんえいしょどう】

第2次大戦後の日本に現れた書の傾向。伝統的な書を否定し,文字を単なる記号として扱い,抽象美を表現しようとするもの。漢字の字形そのものに内在する審美性から新しい造形を目指したり,文字としての字形を排除して絵画的な空間構成を追求する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんえいしょどう【前衛書道】

文字を非具象的に表現し、造形美などの点を強調する書芸術。墨象ぼくしよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前衛書道
ぜんえいしょどう

第二次世界大戦後に始まり、とくに昭和30年代以降盛んになった新しい造形表現を目ざす書道の一分野。伝統的書道に対し、文字の形や意味にとらわれず、純粋に、筆、紙の特性を生かし、墨色、筆致、余白などの美を、独自の芸術的感覚で追求しようと目ざしている。別に墨象(ぼくしょう)ともよぶ。[名児耶明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の前衛書道の言及

【書】より

…伝統的書道は文字を書くところに意味があったが,文字の束縛を離れて新しい芸術観に基づいた造形性を強調する革新的書道が生まれた。これは前衛書道と呼び,古典を基礎とする古来の伝統を打破する新しい書道分野である。これは海外において今後も注目されるであろう。…

※「前衛書道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前衛書道の関連キーワードアバンギャルドパフォーマンスカリグラフィー勅使河原蒼風香川 春蘭宇野雪村上田桑鳩和井田要森田子竜

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android