コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守山恒太郎 モリヤマツネタロウ

デジタル大辞泉の解説

もりやま‐つねたろう〔‐つねタラウ〕【守山恒太郎】

[1880~1912]野球選手。東京の生まれ。一高で速球とドロップを駆使して活躍。練習で学校のれんが塀(べい)にボールを投げ続け、ついには穴をあけてしまったなどの逸話がある。東京帝大医学部を卒業し軍医となるが、腸チフスに感染し、32歳で死去

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守山恒太郎 もりやま-つねたろう

1880-1912 明治時代の野球選手。
明治13年4月27日生まれ。左腕の速球投手で,一高野球部の第2次黄金時代をきずいた。明治35年横浜外人クラブを完封猛練習倉庫のれんが壁に穴をあけた伝説をもつ。軍医となり伝染病研究所で研究中,明治45年2月12日チフスにより死去。33歳。昭和41年野球殿堂入り。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

守山恒太郎

没年:明治45.2.12(1912)
生年:明治13.4.27(1880)
明治時代の野球選手。東京生まれ。明治32(1899)年独逸協会中学卒業後,一高に入学,左腕投手として同校野球部の全盛期を築きあげた。34年5月横浜外国人チームに5対6で敗れたのち,猛練習を行って,翌年5月には4対0で勝ったことで知られる。コントロールをよくするための練習で校舎の煉瓦壁に開いた穴は,「守山先輩苦心の跡」と書かれ記念された。東京帝大医科大学(東大医学部)在学中の36年,一高時代の体験を基にして『野球之友』を著した。39年東大を卒業後軍医となるが,のちに伝染病研究所に派遣され研究のさなか,病を得て早世した。<参考文献>大和球士『真説日本野球史 明治篇』

(大熊廣明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

守山恒太郎の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)明治維新オーストラリア・ニュージーランド文学白瀬矗光の科学史ブラウン地獄の門

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android