コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守随憲治 しゅずい けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守随憲治 しゅずい-けんじ

1899-1983 大正-昭和時代の国文学者。
明治32年3月10日生まれ。上田万年(かずとし),藤村作(つくる)に啓発され,歌舞伎浄瑠璃(じょうるり)を学術的に研究。昭和24年母校東大の教授,のち実践女子大学長。日本近世文学会代表などをつとめた。昭和58年2月7日死去。83歳。東京出身。著作に「歌舞伎通鑑」「歌舞伎劇戯曲構造の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守随憲治
しゅずいけんじ
(1899―1983)

演劇研究家。東京生まれ。1923年(大正12)東京帝国大学国文科卒業。一高教授、東大教授などを歴任。59年(昭和34)定年退官後は実践女子大学学長などを務める。51年日本近世文学会代表、67年日本演劇学会会長。早くから歌舞伎(かぶき)劇の学問的研究に没頭し、『歌舞伎劇戯曲構造の研究』(1947)で文学博士となり、以後優れた業績を示して学界に指導力を発揮した。おもな著書に『歌舞伎通鑑』『歌舞伎序説』『近松』、共著に『歌舞伎図説』がある。[菊池 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

守随憲治の関連キーワード役者論語(やくしゃばなし)中村歌右衛門(初代)中村歌右衛門(3代)片岡仁左衛門(7代)坂東三津五郎(3代)中村富十郎(初代)松本幸四郎(4代)世家真大助(2代)中村伝次郎(2代)河竹新七(初代)瀬川如皐(初代)桜田治助(初代)近松門左衛門平家女護島坂田藤十郎国性爺合戦本朝廿四孝昭和時代日本伝助藤本斗文

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android