コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤村作 ふじむらつくる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤村作
ふじむらつくる

[生]1875.5.6. 福岡,柳川
[没]1953.12.1. 東京
国文学者。文学博士。第五高等学校を経て 1901年東京大学国文学科卒業。 1922年東京大学教授。のち東洋大学学長。江戸文学,特に井原西鶴を研究して優れた業績を残したほか,『国語と国文学』の創刊,『日本文学大辞典』 (4巻,1932~35) の編纂など,昭和前期の国文学界を指導した。国語教育にも貢献。主著上方文学と江戸文学』 (1922) ,『近世国文学序説』 (1927) ,『訳註西鶴全集』 (1947~53) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじむら‐つくる〔ふぢむら‐〕【藤村作】

[1875~1953]国文学者。福岡の生まれ。東大教授。近世文学、特に西鶴の研究に専心。また、雑誌「国語と国文学」を創刊し、「日本文学大辞典」を編集。著「評釈西鶴全集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤村作【ふじむらつくる】

国文学者。福岡県生れ。東大国文科卒。東大教授となり,近世国文学を講じた。《上方文学と江戸文学》《近世国文学序説》《訳註西鶴全集》などの著があり,雑誌《国語と国文学》等研究誌の創刊,膨大な《日本文学大辞典》等,辞典・叢書・講座類の編纂(へんさん)等,国文学研究と普及発展に尽くした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤村作 ふじむら-つくる

1875-1953 明治-昭和時代の国文学者。
明治8年5月6日生まれ。七高,広島高師の教授などをへて,大正11年母校東京帝大の教授となる。のち東洋大学長。近世文学を学問の対象としてとりあげた先駆者。「日本文学大辞典」を編集。国語教育学会会長,日本文学協会会長。昭和28年12月1日死去。78歳。福岡県出身。著作に「上方文学と江戸文学」「訳註西鶴全集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじむらつくる【藤村作】

1875~1953) 国文学者。福岡県生まれ。東大教授。近世文学、特に西鶴を研究。研究雑誌「国語と国文学」「むらさき」「解釈と鑑賞」を創刊し学界の発展に寄与した。著「上代文学と江戸文学」「評釈西鶴全集」、編「日本文学大辞典」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤村作
ふじむらつくる
(1875―1953)

国文学者。福岡県柳河町(現柳川市)生まれ。東京帝国大学文学部卒業。第七高等学校、広島高等師範、東京大学教授、東洋大学学長、北京(ペキン)師範大学名誉教授などを歴任。従来偏見をもたれていた近世文学の研究を正しく位置づけ、また『日本文学大辞典』(1935)の編集はそれ以前の国文学研究の総決算となった。『上方文学と江戸文学』(1922)、『訳註西鶴(やくちゅうさいかく)全集』(1953)ほかの著がある。[長谷川強]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤村作の言及

【日本文学】より

… 明治期の学者に芳賀とならぶ藤岡作太郎がいるが,その《国文学全史平安朝篇》(1905)は芳賀とはやや異なる文化史的視野をそなえていた。これと近似する国文学者の仕事に佐々政一《近世国文学史》(1911),藤村作《上方文学と江戸文学》(1922)があり,これらは近世文学を好事的江戸趣味から学的対象に据えなおしたものといえよう。さらに大正期には国文学外の領域から,日本文学へのさまざまな学問的接近が行われた。…

※「藤村作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤村作の関連キーワード千曲川のスケッチむらさき守随憲治近藤宮子夜明け前上代文学昭和時代落梅集若菜集明治新生藤村破戒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android