コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安元杜預蔵 やすもと とよぞう

1件 の用語解説(安元杜預蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安元杜預蔵 やすもと-とよぞう

1828-1854 幕末の儒者。
文政11年生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士。森田節斎門下。勤王の志あつく,吉田松陰と親交をむすぶ。嘉永(かえい)6年ペリーが浦賀に来航した際,沿岸の警備を命じられ,江戸にでたが,7年6月病死した。27歳。名は遜。字(あざな)は伯言。号は猶竜。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安元杜預蔵の関連キーワード牧輗柴秋邨福島栄春上杉墨水菊池元春鬼頭仲次坂井似堂武田敬孝林双橋藤田呉江

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone