安原枝澄(読み)やすはら えだずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安原枝澄 やすはら-えだずみ

1816-1886 江戸後期-明治時代の画家。
文化13年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人。「讃岐国名勝図会」に盆踊図などをえがく。木村黙老に私淑し滝沢馬琴風の戯作もかいたという。日柳燕石(くさなぎ-えんせき)の洒落本「金郷春夕栄」に序文をかいている。明治19年10月死去。71歳。通称は宗平。号は南谷,三江

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android