コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安原枝澄 やすはら えだずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安原枝澄 やすはら-えだずみ

1816-1886 江戸後期-明治時代の画家。
文化13年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人。「讃岐国名勝図会」に盆踊図などをえがく。木村黙老に私淑し滝沢馬琴風の戯作もかいたという。日柳燕石(くさなぎ-えんせき)の洒落本「金郷春夕栄」に序文をかいている。明治19年10月死去。71歳。通称は宗平。号は南谷,三江

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安原枝澄の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android