コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安山松巌 やすやま しょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安山松巌 やすやま-しょうげん

1771-1848 江戸時代後期の武士。
明和8年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の都城(みやこのじょう)領(宮崎県)の番頭(ばんがしら)格となり,文政12年家老。領主島津久統の命で大和(奈良県)・河内(かわち)(大阪府)から綿栽培を,肥後(熊本県)から養蚕を導入し,普及させた。嘉永(かえい)元年死去。78歳。名は親愛。通称は隆左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安山松巌の関連キーワード一八四八年の革命新聞三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android