コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安平大君 あんぺいたいくんAn-p'yǒng Taegun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安平大君
あんぺいたいくん
An-p'yǒng Taegun

[生]太宗18(1418)
[没]端宗1(1453)
朝鮮,李朝の書家,文人。世宗の第3子で本名は李よう。字は清之。号は匪懈堂,琅 玕居士,梅竹転。学問を好んで詩文にすぐれ,書画に巧みであった。芸術の庇護者として当時の書家,画家などと広く交友を結んだ。安堅が彼の夢物語を描いた『夢遊桃源図巻』 (1447,天理図書館) は李朝山水画の最高傑作として著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の安平大君の言及

【安堅】より

…宮廷の図画署の画員として世宗~文宗朝(1418‐52)ころに活躍した。30歳前後に世宗王の第3子で,当時の芸術愛護の第一人者でもあった安平大君(1418‐53)李瑢の寵愛を受け,大君の中国画コレクションから中国画を大いに学んだ。山水画にもっとも長じたが,その画風は高麗末・李朝初に伝えられた北宗の李成・郭熙派の流れを汲むものと新しく興った明代浙派の画風を巧みに調和させたものである。…

※「安平大君」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安平大君の関連キーワード李よう観徳亭文人交友書画居士端宗詩文書家世宗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android