海紅(読み)かいこう

  • 海紅 (カイドウ)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

俳句雑誌。1915年(大正4)3月、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)が主宰し、塩谷鵜平(えんやうへい)の『壬子(じんし)集』を合併して創刊。59年(昭和34)6月、474号をもって終刊。中塚一碧楼(いっぺきろう)に編集と雑詠がゆだねられ、滝井孝作(折柴(せっさい))がこれを助けた。同人には既出4人のほか、小沢碧童(へきどう)、安斎桜(あんざいおうかいし)、大須賀乙字(おつじ)ら、旧「日本派」の主力作家を網羅し、遠藤古原草、妹尾(せのお)美雄らの新鋭も加えている。碧梧桐は「直接表現」「人間味の充実」を唱え、自由律へ進んだが、1922年『碧(へき)』を創刊。以降、一碧楼が主宰し、「作品第一主義」をモットーに後進を育成した。[瓜生鐵二]
『栗田靖編著『海紅総目録(大正篇)』(1979・東海学園女子短期大学国語国文学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 植物「みかいどう(実海棠)」の漢名。《季・春》
※薬品手引草(1778)「海紅(カイコウ) かいだうのみ」
[2] 俳句雑誌。大正四年(一九一五)三月、河東碧梧桐を主幹に中塚一碧楼、滝井折柴(せっさい)編集で創刊。「層雲」と並んで自由律俳句を代表した。のち碧梧桐、折柴が去り、同一一年、一碧楼主幹となる。昭和三四年(一九五九)終刊、翌年二月、「海紅同人句録」となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の海紅の言及

【新傾向俳句】より

荻原井泉水も11年《層雲》を創刊し,定型と季題を止揚して生命の律動を詠む自由律を提唱,碧梧桐と別れた。一碧楼は季題と形式にとらわれない自由表現を唱え,碧梧桐とともに15年《海紅》を創刊した。かくて運動は3派に分裂し,以後《層雲》《海紅》を中心に自由律俳句へと転進,25年ころ《層雲》の尾崎放哉種田山頭火は短律俳句の傑作を生みだした。…

※「海紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報