安武厳丸(読み)やすたけ いずまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安武厳丸 やすたけ-いずまる

1818-1878 江戸後期-明治時代の儒者,国学者。
文政元年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩士牧園茅山漢学を,西原晁樹に国学をまなぶ。藩校伝習館助教となり侍講もつとめた。尊攘(そんじょう)派として真木和泉らとまじわる。維新後は文武館教授。明治11年4月23日死去。61歳。本姓は後藤。名は別に鎮元。通称は弥十郎。号は雁連舎,傲霜窟。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android