コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安祥院 あんしょういん

1件 の用語解説(安祥院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安祥院 あんしょういん

1721-1789 江戸時代中期,9代将軍徳川家重の側室。
享保(きょうほう)6年生まれ。御三卿(ごさんきょう)の一つ清水家の祖となる徳川重好(しげよし)を生む。家集「心乃月」がある。寛政元年4月死去。69歳。通称は阿遊(おゆう)の方,おちせの局。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安祥院の関連キーワード曲芸享保の改革正受庵読本フランス文学史北風六右衛門鳥文斎栄之振鷺亭細田栄之峰崎勾当

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安祥院の関連情報