コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安良城盛昭 あらき もりあき

1件 の用語解説(安良城盛昭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安良城盛昭 あらき-もりあき

1927-1993 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和2年5月10日生まれ。東大社会科学研究所助教授をへて,昭和48年沖縄大教授となる。53-55年沖縄大学長。のち大阪府立大教授。専攻は近世史。太閤検地の研究で日本史の時代区分論争をまきおこす。平成5年4月12日死去。65歳。東京出身。東大卒。著作に「幕藩体制社会の成立と構造」「新沖縄史論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の安良城盛昭の言及

【太閤検地】より

…1953‐54年ごろ,太閤検地の歴史的意義をめぐって活発な論争が行われた。問題提起者である安良城(あらき)盛昭は,太閤検地以前の社会を家父長的奴隷制と規定し,太閤検地によって小農民経営が自立する契機がつくられ,中世末期の複雑な土地所有関係を領主・農奴という基本的な階級関係に整理した革命的な土地政策として,その意義を高く評価した。これに対して宮川満は,太閤検地が小農民自立に果たした役割を認めつつも,村落支配者層の特権を容認するような妥協的側面も強かったことを指摘し,相対的革新策であると主張した。…

【中世社会】より

…やがてそのなかから江戸時代をも農奴制に基づく社会とみなすことによって,中世・近世をあわせて封建社会=中世社会とし,中世をその前期,近世を後期とに区分しつつも全体として領主制の形成から崩壊までの過程を考えようとする永原慶二らの見解が生まれた。一方,中世と近世との差異を本質的とみて,中世を家父長的奴隷制社会,近世を農奴制社会とする安良城(あらき)盛昭の説も現れた。こうした安良城による中世社会の規定については異論も多いが,中世を近世社会と区別された独自な社会とする見方は最近では広く認められるようになっている。…

※「安良城盛昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安良城盛昭の関連キーワード重兼芳子天田昭次大野正男彼末宏川村勇白土吾夫田中勝宣夏目晴雄福田甲子雄正森成二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone