コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安西啓明(読み)あんざい けいめい

美術人名辞典の解説

安西啓明

日本画家。東京生。名は正男。川端龍子に師事する。再興院展に入選するが、龍子が青龍社を結成するに及びこれに参加、社人となる。また龍子の画塾御形塾の塾頭をつとめ、自らは青明会を主宰した。全国の建築や東京をテーマに連作を発表した。日本美術家連盟理事。平成11年(1999)歿、93才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安西啓明 あんざい-けいめい

1905-1999 大正-平成時代の日本画家。
明治38年4月15日生まれ。川端竜子(りゅうし)に師事する。大正15年院展に「学校」が初入選。昭和4年青竜社の結成に参加。20年新京芸術院教授として満州(中国東北部)にわたる。帰国後は建築をテーマに青竜展,個展などで活躍。平成11年1月11日死去。93歳。東京出身。本名は正男。作品に「東京二重橋」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android