コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満洲 まんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

まんしゅう【満洲】

日本海軍の測量艦(排水量3510トン)。もとはイタリア,ジェノバ造船所で建造されたロシア軍艦。1924年より海洋観測,水路測量に用いられた。25‐26年に同艦艦長を務めた重松良一大佐は,海軍水路部での海洋観測を育てた人。赤道域にまで至る西太平洋の広域の観測に先鞭をつけた。グアム島南西の北緯11゜13′,東経142゜09.5′での〈満洲〉による重錘測深の結果,9818mを得,満洲海淵と命名。本艦では,音響測深をもいち早く取り入れ,測深を採水測温,底質調査とともに海洋調査の主体とする観測方法を確立し,測量艦,測量船による系統的な観測の基をつくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

満洲の関連キーワード対華二十一か条要求/対華要求に関する加藤外相訓令(抄文)フルンブイル盟(呼倫貝爾盟)ジャライノール(扎賚諾爾)サマー・ソルジャー満州開拓団と島根県アルグン[川]加藤定吉(2)満洲日日新聞愛新覚羅 浩東洋拓殖会社フルンボイル長春文化広場満州(満洲)足立 篤郎武藤 信義牛島 春子清水 大典満漢偶数制小川 運平塩谷 武次

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満洲の関連情報