コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安西均 あんざいひとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安西均
あんざいひとし

[生]1919.3.15. 福岡
[没]1994.2.8. 東京
詩人。福岡師範学校中退。『朝日新聞』記者などをつとめるかたわら,1940年代から詩作を始め,真鍋呉夫らの『午前』,火野葦平らの『九州詩人』に参加した。現代生活に胚胎するさまざまな抒情を古典的なうたいくちに乗せたところに詩風特色がある。詩集『花の店』 (1955) ,『葉の桜』 (61) ,『夜の驟雨』 (64) などのほか,『万葉集』などの古代歌謡の伝統をたどった詩論集『私の日本詩史ノート・I』 (65) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安西均 あんざい-ひとし

1919-1994 昭和-平成時代の詩人。
大正8年3月15日生まれ。昭和18年から34年まで朝日新聞記者。のち日本デザインセンターに勤務。戦時中は「山河」,戦後は「歴程」「地球」「山の樹」同人。古典を素材にした詩で知られ,58年「暗喩の夏」で現代詩花椿賞,平成元年「チェーホフ猟銃」で現代詩人賞。平成6年2月8日死去。74歳。福岡県出身。福岡師範中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あんざいひとし【安西均】

1919~1994) 詩人。福岡県生まれ。福岡師範中退。洗練された抒情で、古典文学と現代風俗を通底させた詩編に特色がある。詩集「葉の桜」「夜の驟雨」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

安西均の関連キーワード古典文学谷川雁詩編

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android