コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安覚良祐 あんかく りょうゆう

1件 の用語解説(安覚良祐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安覚良祐 あんかく-りょうゆう

1160-1242 平安後期-鎌倉時代の僧。
永暦(えいりゃく)元年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)宗像(むなかた)社座主(ざす)佐伯兼祐の子。臨済(りんざい)宗。一切経の一筆書写の願をたて,文治(ぶんじ)3年から安貞2年までの42年間に5048巻を写経した。この間紙墨の勧進のため西国各地を遍歴,宋(そう)(中国)にもわたる。仁治(にんじ)2年宗像社第一宮座主。同社に「色定(しきじょう)法師一筆一切経」(重文)がのこされている。仁治3年11月6日死去。83歳。寛喜(かんぎ)3年2月死去とも。別号に色定。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安覚良祐の関連キーワード永暦チャガタイ北条泰時後嵯峨天皇四条天皇察合台源光保狛近真杜世忠抜都

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone